FLASH PRESENTATION ENGINEはFlash表示枠よりも大きな画像を扱うことができます。表示枠からはみ出た箇所は表示されません。その特性を利用し、カスタムエフェクト機能でX軸やY軸を操作します。すると当サンプルの様にスクロール効果(カメラ移動)を作ることができます。

Flash Player8以上がインストールされている環境では透過PNGやGIFの読み込みがサポートされます。単純に文字のみで構成された画像の背景を透過とし、カスタムプラグインとして組み込んだのが当サンプルです。商品説明やスライドショー中のコメント、テキストとしてコピーされたくない詩の表示等利用方は様々です。

定義ファイル例

ex1_plugin001.png
image_sample/ex1_plugin001.
ex1_001.jpg
image_sample/ex1_001.
ex1_plugin002.png
image_sample/ex1_plugin002.
ex1_002.jpg
image_sample/ex1_002.
 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<pagedata>

<common>
    <copyright>elz.jp</copyright>
    <effect_time>90</effect_time>
    <stop_time>48</stop_time>

    <zoom_mode>0</zoom_mode>

    <start_delay>10</start_delay>
    <stream_buffer>0</stream_buffer>

</common>

<expert>


    <image>
        <plugin_url in_action="clear" effect_type="plugin_in2">image_sample/ex1_plugin001.png</plugin_url>
        <image_url effect_type="scroll2,fe_none" >image_sample/ex1_001.jpg</image_url>
    </image>

    <image>
        <plugin_url in_action="clear" effect_type="plugin_in">image_sample/ex1_plugin002.png</plugin_url>
        <image_url effect_type="scroll,fe_none">image_sample/ex1_002.jpg</image_url>
    </image>

</expert>

<effect>

    <plugin_in hide="0" x="0,320" y="11,0,300" />
    <scroll x="11,0,-660" bright="122,0,100" />

    <plugin_in2 hide="0" x="0,320" blur="111,0,8" />
    <scroll2 y="11,-300,0" bright="122,0,100" />

</effect>

</pagedata>