当サンプルは任意の矩形をフラッシュボタンにで作成したコンテンツの定義ファイルを流用しています。画像ファイルを別途用意し、前述のコンテンツで利用した定義ファイル(XML)中の画像ファイル名だけ変更したものです。画像の大きさが同一で、ボタンとして反応させたい箇所も同一なら定義ファイルをコピーするだけでフラッシュメニュー、ナビゲーションが作成できます。

定義ファイル(xml)例

map002_normal.jpg
image_expert/map002_normal.
map002_rollover.jpg
image_expert/map002_rollover.
 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<pagedata>

<common>

    <copyright>elz.jp</copyright>

<!-- 個別定義モード指定 -->
    <button_mode>1</button_mode>

<!-- ボタン画像指定 -->
    <button_normal>image_expert/map002_normal.jpg</button_normal>
    <button_over>image_expert/map002_rollover.jpg</button_over>

<!-- エフェクト指定 -->
    <over_effect>3715</over_effect>
    <over_time>6</over_time>

<!-- 初期表示エフェクト指定 -->
    <init_effect>3</init_effect>
    <init_time>18</init_time>

</common>


<expert>

<!-- ボタン1定義 -->
    <button x="20" y="90" w="120" h="80"></button>

<!-- ボタン2定義 -->
    <button x="20" y="220" w="120" h="80"></button>

<!-- ボタン3定義 -->
    <button x="500" y="90" w="120" h="80"></button>

<!-- ボタン4定義 -->
    <button x="500" y="220" w="120" h="80"></button>

<!-- ボタン5定義 -->
    <button x="160" y="95" w="320" h="200"></button>

</expert>


</pagedata>