ボタンセクションは任意領域(矩形)のボタン化や、ボタン別のリンク先指定を行なう際に記述します。

Flash Button Engine1.3.0からイベントに連動して任意の外部画像(オーバーレイ画像)を表示できるようになりました。オーバーレイ画像表示機能を利用するには、追加されたover_action等を定義する必要があります。

buttonセクション用パラメータ

 

個別定義モード例(button_mode=1)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>

<pagedata>

<!-- 共通(common)セクション定義 -->
<common>

    <copyright>elz.jp</copyright>

    <!-- ボタン個別定義であることを明示的に指定 -->
    <button_mode>1</button_mode>

    <!-- ボタン画像指定 -->
    <button_normal>images/btn_normal.jpg</button_normal>
    <button_over>images/btn_rollover.jpg</button_over>
    <button_click>images/btn_rollover.jpg</button_click>

    <!-- 共通ロールオーバーエフェクト定義 -->
    <over_effect>4592</over_effect>
    <over_time>6</over_time>

    <!-- 共通クリックエフェクト定義 -->
    <click_effect>4112</click_effect>
    <click_time>6</click_time>

</common>

<!-- エキスパート(expert)セクション定義 -->
<expert>

    <!-- 1番目のボタン(button)セクション定義 -->
    <button x="20" y="20" w="230" h="180" over_effect="1" over_time="10" click_effect="4055" click_time="10">

        <!-- プラグイン指定 -->
        <over_plugin>../plugin/mask_box1b.swf</over_plugin>
        <click_plugin>../plugin/filter_box1b.swf</click_plugin>

        <!-- 効果音指定 -->
        <over_sound>../sound/over001.mp3</over_sound>
        <click_sound>../sound/click001.mp3</click_sound>

        <!-- リンク先指定 -->
        <link_url>sample_d.html</link_url>

        <!-- ターゲット指定 -->
        <target>_blank</target>

    </button>

    <!-- 2番目のボタン(button)セクション定義 -->
    <button x="260" y="20" w="320" h="180" over_effect="1" over_time="20" click_effect="901" click_time="12">

        <over_plugin>../plugin/mask_circle1c.swf</over_plugin>
        <click_plugin>../plugin/filter_circle2b.swf</click_plugin>

        <over_sound>../sound/over002.mp3</over_sound>
        <click_sound>../sound/click002.mp3</click_sound>

    </button>

    <!-- 3番目のボタン(button)セクション定義 -->
    <button x="20" y="210" w="140" h="20" scope="1" ></button>

    <!-- 4番目のボタン(button)セクション定義 -->
    <button x="160" y="210" w="140" h="20"></button>

    <!-- 5番目のボタン(button)セクション定義 -->
    <button x="300" y="210" w="140" h="20"></button>

    <!-- 6番目のボタン(button)セクション定義 -->
    <button x="440" y="210" w="140" h="20"></button>

</expert>

</pagedata>

上の例の場合、3番目以降のボタン定義にはエフェクト指定が行なわれていません。その様な場合は共通(common)セクションに定義されている『over_effect,click_effect』が指定されたものと解釈し動作します。全て同一のボタンエフェクトを実装したい場合はbuttonセクションにエフェクト指定を行なう必要はありません。

buttonセクションパラメータ

<link_url>リンク先<link_url> (省略可能)

画像をクリックした際のリンク先を指定します。
省略した場合、リンク機能は動作しません。

<target>リンク先を開く際のウィンドウ指定<target> (省略可能)

リンク先を開く際のtargetを指定します。

設定値
省略 : 同一ウィンドウで開く
_blank : 新しいウィンドウで開く
_top : フレームを解除して開く
何らかの文字列 : 指定ウィンドウで開く

省略した場合commonセクションに定義した「共通target」が適用されます。

<over_plugin>ロールオーバー時プラグイン<over_plugin> (省略可能)

ロールオーバー時プラグインファイル名を指定して下さい。
htmlファイルと同一のフォルダにプラグインが存在する場合は「???.swf」とファイル名のみの記述で動作します。
htmlファイルと異なるディレクトリにプラグインが存在する場合は「./???/???.swf」「../???/???.swf」等と指定して下さい。

省略した場合commonセクションに定義した「共通ロールオーバー時プラグイン」が適用されます。

<click_plugin>クリック時プラグイン<click_plugin> (省略可能)

クリック時プラグインファイル名を指定して下さい。
htmlファイルと同一のフォルダにプラグインが存在する場合は「???.swf」とファイル名のみの記述で動作します。
htmlファイルと異なるディレクトリにプラグインが存在する場合は「./???/???.swf」「../???/???.swf」等と指定して下さい。

省略した場合commonセクションに定義した「共通クリック時プラグイン」が適用されます。

<over_sound>ロールオーバー効果音<over_sound> (省略可能)

ロールオーバー効果音ファイル名(mp3)を指定して下さい。
htmlファイルと同一のフォルダに効果音ファイルが存在する場合は「???.mp3」とファイル名のみの記述で動作します。
htmlファイルと異なるディレクトリに効果音ファイルが存在する場合は「./???/???.mp3」「../???/???.mp3」等と指定して下さい。

省略した場合commonセクションに定義した「共通ロールオーバー効果音」が適用されます。

<click_sound>クリック効果音<click_sound> (省略可能)

クリック効果音ファイル名(mp3)を指定して下さい。
htmlファイルと同一のフォルダに効果音ファイルが存在する場合は「???.mp3」とファイル名のみの記述で動作します。
htmlファイルと異なるディレクトリに効果音ファイルが存在する場合は「./???/???.mp3」「../???/???.mp3」等と指定して下さい。

省略した場合commonセクションに定義した「共通クリック効果音」が適用されます。

<over_action>ロールオーバーアクション名<over_action> (省略可能)

ロールオーバーアクション名を指定して下さい。アクション名はアクションセクションに定義したグループ名を指します。

<click_action>クリックアクション名<click_action> (省略可能)

クリックアクションを指定して下さい。アクション名はアクションセクションに定義したグループ名を指します。

buttonセクション属性値

buttonセクションの属性値は以下の様に指定します。

<button x="20" y="20" w="230" h="180" over_effect="1" over_time="10" click_effect="4055" click_time="10"></button>

button_modeが1(個別定義モード)の場合<button>セクションの属性値としてボタンサイズを指定します。必ずしも全ての属性値を指定する必要はありません。用途に合わせて定義して下さい。

x="ボタンX座標"

ボタン位置(X座標)をピクセル単位で指定します。

button_modeが0(イージーモード)の場合、当パラメータは無視されます。

y="ボタンY座標"

ボタン位置(Y座標)をピクセル単位で指定します。

button_modeが0(イージーモード)の場合、当パラメータは無視されます。

w="ボタン横幅"

ボタン横幅(width)をピクセル単位で指定します。

button_modeが0(イージーモード)の場合、当パラメータは無視されます。

h="ボタン高さ"

ボタン高さ(height)をピクセル単位で指定します。

button_modeが0(イージーモード)の場合、当パラメータは無視されます。

over_effect="ロールオーバーエフェクト種別" (省略可能)

ロールオーバーエフェクト種別を指定して下さい。

省略時は「共通ロールオーバーエフェクト」が適用されます。

over_time="ロールオーバーエフェクト時間" (省略可能)

ロールオーバーエフェクト時間を0.1秒単位で指定して下さい。

1秒間エフェクトさせたい場合は、10と指定します。
※フレーム数を基準に秒数を算出しているため、完全に正確な時間ではありません。

省略時は「共通ロールオーバーエフェクト時間」が適用されます。

click_effect="クリックエフェクト種別" (省略可能)

クリックエフェクト種別を指定して下さい。

省略時は「共通クリックエフェクト」が適用されます。

click_time="クリックエフェクト時間" (省略可能)

クリックエフェクト時間を0.1秒単位で指定して下さい。

1秒間エフェクトさせたい場合は、10と指定します。
※フレーム数を基準に秒数を算出しているため、完全に正確な時間ではありません。

省略時は「共通クリックエフェクト時間」が適用されます。

scope="スコープ種別" (省略可能)

スコープをボタン別に設定したい場合は<button>セクションの属性値としてスコープ種別を指定します。

スコープを適用した場合、ボタン表示領域からはみ出した箇所は表示されません。

省略時は「共通スコープ」が適用されます。

設定値
0 : スコープ未適用
1 : スコープ適用