エキスパートエフェクトは通常エフェクトとは異なり、表示位置や移動方法(加減速等)を細かく指定することで多様な効果を得らます。

エキスパートエフェクトの考え方

エキスパートエフェクト種別は以下の公式からeffect_typeを求めます。

右からバウンド効果でボタンを登場させたい場合

effect_type = 基本エフェクト種別(30:移動) + 移動種別(4:バウンド) + ポジション種別(6:右)

エキスパートエフェクト概念図

3046」は右からバウンド効果を伴い登場させる為のeffect_type例となります。

30(移動) + 4(バウンド) + 6(右から)

= 「3046」(effect_type)

 

config.xml(例)

btn_normal.jpg
image_easy/btn_normal.
btn_rollover.jpg
image_easy/btn_rollover.
 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<pagedata>

<common>

    <copyright>elz.jp</copyright>

    <col_max>2</col_max>
    <row_max>2</row_max>

    <button_normal>image_easy/btn_normal.jpg</button_normal>
    <button_over>image_easy/btn_rollover.jpg</button_over>

<!-- 3046は右からバウンド効果を伴い登場させる為のeffect_type例となります -->
    <over_effect>3046</over_effect>
    <over_time>6</over_time>

    <padding>5</padding>

</common>

</pagedata>

基本エフェクト種別

基本エフェクト種別は「10~48」まで(抜け有り)の29種類が用意されています。

 

移動種別

移動種別は「0~9」までの10種類が用意されています。

 

ポジション種別

ポジション種別の概念

ポジション種別とは、表示位置を九つの数値に置き換えて連想したものです。 上下左右、左上、右上、左下、右下、中央の9種類です。

※ 5:中央は、基本エフェクトの種類によっては効果無しとなります。