2007.04.29

カスタムエフェクトを使った簡単なカメラ移動(パンニング)のサンプルです。640x200dotのFlash表示枠に対して、640x400dotの画像(4枚)を下から上にカメラ移動させています。さらに透過度(alpha)を操作していますので、クロスフェード効果とパンのコンビネーションになります。比較的大きめな画像を4枚扱ってますので遅延制御系パラメータで完全読み込み後再生としています。

定義のポイントは2つです。

当サンプルの定義ファイル

640x400_001.jpg
media/fpe/sample/pan/640x400_001.
640x400_002.jpg
media/fpe/sample/pan/640x400_002.
640x400_003.jpg
media/fpe/sample/pan/640x400_003.
640x400_004.jpg
media/fpe/sample/pan/640x400_004.
 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<pagedata>
<common>

    <copyright>elz.jp</copyright>
    <stage_width>640</stage_width>
    <stage_height>200</stage_height>

<!-- 4枚の画像 -->
    <image_max>4</image_max>

<!-- プレフィックス指定 640x400_001.jpg から 640x400_004.jpgまで -->
    <prefix>media/fpe/sample/pan/640x400_</prefix>

<!-- エフェクト指定 -->
    <effect_type>in001,out001</effect_type>
    <effect_time>30</effect_time>
    <stop_time>0</stop_time>

<!-- 表示位置関係のパラメータ指定 -->
    <align_mode>5</align_mode>
    <base_mode>5</base_mode>
    <zoom_mode>0</zoom_mode>

    <frame_url>media/fpe/frame/frame_640x200a.swf</frame_url>

<!-- CPU負荷制御 -->
    <stream_buffer>0</stream_buffer>
    <start_delay>5</start_delay>

</common>

<!-- カスタムエフェクト定義 -->

<effect>

<!-- 登場エフェクト定義 -->
    <in001  layer="0" x="0,320" y="1,100,0"   alpha="111,100,0" />

<!-- 退場エフェクト定義 -->
    <out001                     y="1,200"     alpha="211,0" />

</effect>

</pagedata>