2012.02.04

easyFPE関数に画像パス、エフェクト情報等を指定するだけで簡易スライドショーを組み込むことができます。

 

easyFPE関数記述例(相対パス指定)

以下のコードをお持ちのブログやHTMLの組み込みたい箇所へ記述します。

<script  type="text/javascript">easyFPE('media/misfpe.swf','media/fpe/top/a001.jpg',240,150,'#ffffff',8,31,10,30,'media/fpe/top/a');</script>

<!-- http://elz.jp/ を基準に相対的にパス指定をしています。 -->

パラメータ

easyFPE('1.misfpe.swfへのパス','2.代替画像',3.横幅,4.高さ,'5.背景色',6.画像枚数,7.エフェクト番号,8.エフェクト時間,9.停止時間,"10.画像のプレフィックス");
  1. miffpe.swfへのパス
  2. 代替画像へのパス FlashPlayerが利用できない環境で表示される代替画像を指定
  3. 横幅(px)
  4. 高さ(px)
  5. 背景色

    16進数で指定

  6. 画像枚数

    8と指定すると001.jpg~008.jpgまでが表示対象

  7. エフェクト番号

    エフェクト種別は50種類&カメラ移動モードを搭載しています。

  8. エフェクト時間

    エフェクト時間を0.1秒単位で指定して下さい。1秒間エフェクトさせたい場合は、10と指定します。

  9. 停止時間

    画像停止時間を0.1秒単位で指定して下さい。1秒間停止させたい場合は、10と指定します。

  10. プレフィックス

    media/media/fpe/top/a
    と指定すると
    media/media/fpe/top/a001.jpg ~ media/media/fpe/top/a???.jpg が順次読み込まれます。

a001.jpg
http://elz.jp/media/fpe/top/a001.
a002.jpg
http://elz.jp/media/fpe/top/a002.
a003.jpg
http://elz.jp/media/fpe/top/a003.
a004.jpg
http://elz.jp/media/fpe/top/a004.
a005.jpg
http://elz.jp/media/fpe/top/a005.
a006.jpg
http://elz.jp/media/fpe/top/a006.
a007.jpg
http://elz.jp/media/fpe/top/a007.
a008.jpg
http://elz.jp/media/fpe/top/a008.
 

easyFPE関数を利用する前に必要な準備

<head>~</head>までの間にFlash Engine Seriesを組み込む為に必要なJavaScript群を読み込む定義を挿入してください。

<script type="text/javascript" src="js/flash_check.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/flash.js"></script>

easyFPE関数記述例(フルパス指定)

スライドショーが上手く動作しない場合はフルパス指定をお試しください。

<script  type="text/javascript">easyFPE('http://elz.jp/media/misfpe.swf','http://elz.jp/media/fpe/top/a001.jpg',240,150,'#ffffff',8,31,10,30,'http://elz.jp/media/fpe/top/a');</script>

<!-- http://elz.jp/から全て記述するフルパス指定です。 -->